ブラック企業で働いて人生が詰みそうになった話

私はどこにでもある普通の家庭で生まれ育ちました。裕福ではないけど父と母は共働きで、年の離れた兄は私が中学卒業するころには結婚して自立していました(^^)

そんな、世間一般的に見ても普通の生活を送っていた私は、ごく当たり前に上京して働きたいと思っていました。生まれ育った町は田舎町で、収入面や遊びや娯楽の多さといった東京の良いイメージを抱いていたのです(*’▽’)

特に取り柄のない私は求人票を見ながら、ある言葉に引き付けられました。
「初心者大歓迎!プログラミングもイチからしっかり教えます!」
聞いたことのないIT関連の企業で、初任給も良く福利厚生もしっかりしていたので、すぐに履歴書を送りました。一週間もかからずに面接をしたいと採用担当から連絡が来ました。面接も和やかな雰囲気で、人となりを見定める場所というより、業務説明会のようで、その場で入社日や就業規則の説明もされました(^^)

今考えれば、おかしな話です((+_+))

入社してすぐに気付いたのは、プログラマとしての業務ではなく、営業としての業務をさせられているということ。
初任給の額や福利厚生は求人票通りでしたが、給料明細とは別に、会社に対する損益収支の明細を渡されました。
「今月はノルマの半分も満たなかったから、君を雇用している会社は損をしている。赤字を出しているんだよ君。わかる?」とその場で言われました。
私は社会人になって1か月です。言い訳ではありませんが、会社の期待する結果を出せないのは当たり前です。得意先への挨拶回りや研修すらなかったのですから、なおさらです。
働けば働くほど赤字は増えていきました。次第に私は自分がダメな人間だと思うようになり、家から出ることすら出来なくなりました。欠勤に対する罵詈雑言のメールや電話。しきりに鳴らされるチャイム。外に出るのが怖くてたまりませんでした。
それでも、働かなくても、家賃や光熱費は支払いは発生するもので、私はついに不動産会社から退去勧告をされ、消費者金融やサラ金のような業者からもお金を借りて、滞納した家賃や光熱費を支払い、実家へ逃げ帰りました(´;ω;`)

あれから3年が経ち、地元の小さな企業に就職することが出来たのですが、あの時に作ってしまった借金は今もまだ完済出来ずにいます(T_T)


恋愛恐怖症の私でも結婚できるんでしょうか?

アキラです。今回は私の悩みについて書きたいと思います。

私は28歳です。
家族と同居しています。
経歴は高校卒業後に大学に進学して、その後は製造業に就職しました。
今までの体験の中で今恋愛に対して後ろ向きになってしまっている女性恐怖症について話します。
恋愛恐怖症のきっかけとなったのは、社会人になって初めて出来た彼女とのことが原因です。
私は、その彼女はとても良い人で優しく一緒に居てとても楽しいなと感じていました。
しかし、後で判ったのですが、その彼女はとてもしたたかな性格でもあったのです。
相手の年齢が年上で28歳だったので結婚願望が強かったのかもしれませんが、
私と付き合いながら同時に色々な人を見ていてのです。
浮気や一時的な気の迷いではなく、結婚するなら他に良い人がいないかなと常に漁っていたということが後々に分かりました。
しかも、その気配は私には最後までいっさい分からなように平然をよそおっていたので、その事が私には大きなショックでした。
なので、そのことが有ってから、私は女性は自分の利益のために平気で嘘をつき、顔色も変えずに演技が出来る怖いところがあるという風に感じてしまうようになりました。

それ以来、私は恋愛に臆病になってしまいました。
その後、少しずつ女性と知り合い、友達としてグループ交際を通して相手が本当にどんな人かを知ろうとしましたが、根本的な疑いはなくなることがなく、数年経った今でも中々恋愛に踏み切れないでいます。周囲の友人たちもチラホラと結婚しだしました。

こんな私でも結婚できるんでしょうか?(´・ω・`)

最近は友人の勧めもあって、もう少し女性に対して積極的になろうと思い車を買い替えました。地方都市に住んでいるので、この辺りではどこに行くのにも車が必要です。特にデートに車は欠かせません。以前の車は長期間乗っていて見た目が悪くなってきたので乗り換えました。ベンツではありません。

話は変わりますが、愛車の買い取りは、かなりの好条件で査定してもらえました。

私のお勧めです。車買取

(リンク先のサイトの管理人さんも同じアキラですが、私とは無関係です。)

参考までにサイトの紹介しました。車が新しくなって気分は良いのですが相変わらず恋愛に消極的な状態です。友人は奥さんの知り合いを紹介したがっていますが気持が乗らないので困っています。

(T_T)

 

 

 

 


コンビニ強盗の犯人と間違えられた

田舎での遊びで警察沙汰に!

 

自己紹介:僕は年齢28歳で製造業に勤務しています。

中学時代、休みの日に友人4人と学校横の雑木林の中に行きました。
住んでいたのが田舎だったのでカラオケやゲームセンターなどがないため、ダラダラと話したりサッカーや野球などをする毎日だったので少し冒険のような感じでした。
雑木林の中を宛てもなく進むと少し開けたところに出ました。
そこには、青いモトクロスバイクとブルーシートで作られたテントのようなものが…
誰もいないのを確認してから辺りを散策…特に変わったものもなく、いよいよテントらしきものの中を確認することに。
開けてみると、ボロボロのマットレス、汚れた毛布、逆さまのビールケースにゴミ袋が数個…
友人が「誰か住んでるのかな?」などと話していると、別の友人が『…コレ、この前のコンビニ強盗のバイクじゃないの?』と言いました。
数日前に、近所のコンビニで強盗がありました。その時、犯人は青いバイクに乗って逃走したとニュースで言っていたそうです。
それを聞いて私は「そんなわけないでしょ!!」と笑いながら話していると、その友人が『あのさ…あのヘリ、なんでずっと止まってるんだろう』と空を見ながら一言。
みんなでそっとその場を離れようとすると上空にいたヘリがゆっくりとついて来るのです。

 

犯人と間違えられて警察に

 

流石に全員まずいと思ったので、急いで雑木林から出ることに。
木で視界も悪いのでこれだけ走れば見失っただろうと思い外へ出ると警察車両が8台ほど停まっていました。
あまりの出来事に驚き身動きが取れずにいると、警察の方が近づいてきて「話聞かせてもらえるかい?」と言われ素直に応じました。
15分ほどパトカーの中で話をすると解放されました。
しかし、警察の方からは「驚かせてごめんねー 気を付けて帰るんだよ」と…
警察の方はコンビニ強盗の犯人と間違えたようでした。
たまたま似たバイクを見つけて、確認していたところに私たちが現れて犯人だと思ってしまったようで、出口のところで待ち伏せしていたといいました。
結局、そのバイクも似ていただけで犯人のものとは違ったそうで、後日犯人逮捕のニュースでほっと胸をなでおろしました。
最初は好奇心から始めた遊びが、犯人と間違えられて警察に取り囲まれる程になると思っていなく、今でもその時のことを思い出すと本当に身の潔白を証明できてよかったと思います。(^_^;)